第20回京都国際子ども映画祭の情報はコチラ

第19回京都国際子ども映画祭 グランプリ受賞作品決定


・長編グランプリ

ジグザグキッドの不思議な旅  ◆『ジグザグキッドの不思議な旅』
  監督:フィンセント・バル Vincent Bal
  オランダ、ベルギー/2012年/95分







・審査員特別賞

チチを撮りに  ◆『チチを撮りに CAPTURING DAD』         
  監督:中野量太 Ryota Nakano      
  日本/2012年/74分







・短編グランプリ

I'm Going to Mum's ◆『ママのおうちへ I'm Going to Mum's』  
  監督:ローレン・ジャクソン Lauren Jackson                 
  ニュージーランド/2012年/13分







 19回を終えて

第19回京都国際子ども映画祭は、気温39度の猛暑の中、3日間で、延べ950人の皆さんに参加していただきました。
ベルギーからヴィンセント・バル監督と家族、日本から中野量太監督、出演した柳英里紗さん、松原菜野花さんに、来ていただき、
会場の皆さん、子供スタッフ、子ども審査員と楽しい交流ができました。
子ども審査員は、菊池心織委員長のもと白熱した議論の結果、上記の賞を決定しました。

来年は、20回という記念の映画祭になります。 皆さんのご参加、ご支援をお願いします。

                                        NPOキンダーフィルムフェスト・きょうと 水口薫


第19回京都国際子ども映画祭


18th


概要

・開催日:2013年8月9日<金> 10日<土> 11日<日>
・会 場:京都文化博物館 フィルムシアター http://www.bunpaku.or.jp/

上映スケジュール



チケット情報

・【特別前売り鑑賞券】3日間通し券(フリーパスポート券になります)
 大人フリーパスポート 1,000円(当日1、200円)
 子どもフリーパスポート 500円(当日600円)

・ローソンチケット/Lコード:57108

・電話・FAX予約
 NPO キンダーフィルムフェスト・きょうと事務局
 TEL:075-212-8612




ノミネート作品

<長編>

ジグザグキッドの不思議な旅◆『ジグザグキッドの不思議な旅』
  監督:フィンセント・バル Vincent Bal
  オランダ、ベルギー/2012年/95分

  European Film Academy Young Audience Award 受賞作品
  京都オープニング、アジア初プレミア上映
  ゲスト:8月9日、10日 フィンセント・バル監督来日
オランダ一の凄腕刑事である父親のようになりたいノノは、空想癖が災いして脱線ばかり。 「忌まわしいジグザグ性格は母親の血」と言われるが、
ノノは死んだ母の顔を知らない。父も固く口を閉ざし、母は謎につつまれている。
素行矯正のため叔父の元へ送られる途中、不思議な老人と出会ったノノは、母の秘密が隠された南仏リヴィエラへと向かう。


MOTHER, I LOVE YOU  ◆『ママ、アイラブユー MOTHER, I LOVE YOU』      
  監督:ヤーニス・ノードJanis Nords  
  ラトビア/2013年/82分

  ベルリン国際映画2013ジェネレーション部門:作品賞
  2013国際審査員グランプリ(Grand Prix for Best Film)受賞作品
レイモンドはサックスが好きな12歳の男の子。ある日、友達と悪さをしてお母さんにきつく叱られたレイモンドは、
サックスを持って家出をする。鍵を盗んで勝手に入った家でくつろいでいると、そこに泥棒が・・・!


チチを撮りに  ◆『チチを撮りに CAPTURING DAD』         
  監督:中野量太 Ryota Nakano      
  日本/2012年/74分 ※日本語字幕副音声付き上映

  SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 2012長編コンペティション監督賞 2012SKIPシティアワード
  ゲスト:8月10日、11日 主演 柳英里紗・松原菜野花・中野量太監督(11日のみ)来場



14年前に父親が出て行ってから、葉月と呼春の姉妹は、母の佐和と3人暮らし。ある日、佐和から
「離婚したお父さんがもうすぐ死ぬらしいから会いに行って、その顔を写真に撮ってほしい」と告げられる。
嫌々ながら出発した姉妹が着いた所は田舎の駅。そこで二人は、父の訃報を知る。異母兄弟の少年や叔父の温かい出迎え。
でも、そこには人生の修羅場も待っていた・・・。



<短編>

Yardbird ◆『ヤードバード Yardbird』
  監督:マイケル・スピッチア Michael Spiccia  
  オーストラリア/2012年/14分
  
  少女の静かな怒りが超能力を呼ぶ。





Ninja and Solder ◆『ニンジャとソルジャー Ninja and Solder』  
  監督:平林勇  
  日本/2012年/10分

  一歩も譲らない大バトルの意味はなに?






Pet Bird ◆『ペットバード Pet Bird』  
  監督:リカルド・デ・ポデスタ Ricardo de Podesta
  ブラジル/2012年/13分

  カゴの鳥の「自由」って何だろう?






I'm Going to Mum's ◆『ママのおうちへ I'm Going to Mum's』  
  監督:ローレン・ジャクソン Lauren Jackson                 
  ニュージーランド/2012年/13分

  離婚家庭の子どもは意外にタフ。今夜のお泊りは?





Cheong ◆『チョンイ Cheong』  
  監督:キム・ジョンイン Kim Jung-in  
  韓国/2012年/18分
  
  盲目の父親と暮らす少女が体験する盲目の世界。





くらげクン ◆『くらげくん Jellyfish Boy』  
  監督:片岡翔  
  日本/2009年/14分

  スカートをはいた男の子との日々。








京都国際子ども映画祭とは

趣 旨
NPOキンダーフィルムフェスト・きょうとは、子どもたちが映画を通して、世界の子どもたちの暮らし、遊び、考え方、他の国の 歴史、文化を知り、世界への視野を広げるとともに、メディア・リテラシー(映画・映像を読みとり、表現、描く能力)、自主性や豊かな 創造性、国際性を身につけた人間に成長することと国際交流を目的として、キンダーフィルムフェスト・きょうと:京都国際子ども映画祭 を開催します。

概 要
映画祭は、毎年8月の夏休みに、ドイツ・ベルリン映画祭ジェネレーション(子ども映画部門・2006年まで名称キンダーフィル ムフェスト)部門(2月開催)や他の国の子ども映画祭に出品された作品、日本や世界の子どもを描いた映画から作品を選んで上映しま す。 この映画祭の特徴は、公募で選ばれた子ども審査員がグランプリを選定すること、子どもスタッフが映画祭の準備、映像制作、司会、進 行、音響、短編映画の声優、イベント企画などの運営を行うことです。

子どもスタッフの活動は、一年を通した活動で、子どもの自主性、協調性を身につけて行きます。関連事業として、アニメーション制作 ワークショップ、映像制作ワークショップ、字幕のない外国映画にセリフをつける声優を養成するワークショップを行います。 映画祭開催期間には、映画の原理を理解する動く絵のおもちゃ制作ワークショップ、世界の文化、映画の展示、子どもたちの制作したアニ メーション作品の上映を行います。


第18回京都国際子ども映画祭の情報はコチラ